電力自由化を知る

電力自由化で失敗しないためには、各事業者をきちんと「下調べ」することです。特に、名前を聞いたことが無い事業者は「安全な企業かどうか」前もって確認する必要があります。

トラブルを回避するには「各企業を下調べ」する必要アリ!

調べる

電力自由化で失敗しないためには、各事業者をきちんと「下調べ」するきちんと「下調べ」することです。特に、名前を聞いたことが無い事業者は「安全な企業かどうか」前もって確認する必要があります。

ここでは、2016年の電力自由化に向けた「安全な事業者」の見分け方と「安全性の確認方法」について説明します。

電力の戦国時代とも呼ばれる、2016年4月以降の勢力図

レインボーブリッジ

電力市場は「約8兆円規模」と言われており、市場の自由化を巡っては、既存の電力会社 vs 新規参入組の間で、熾烈な戦いが繰り広げられています。

また、既存の電力会社とタッグを組んで、首都圏や大都市圏のシェアを勝ち取ろうとする新規事業者も、複数存在します。

ただ、値下げ合戦が激しくなるにつれて、誇大広告が出ているほか、過剰なほどのキャッシュバック、還元キャンペーン等が、一部で問題視されています…。

また、安全性を確かめないまま、新規事業者と契約をしてしまう消費者も多いと言います。もらえる特典やキャッシュバックが多いのは魅力ですが「契約」をする場合、慎重な姿勢を崩さないようにしてください。

慎重さを欠いてしまうと、契約トラブルや解約の際、違約金が発生するなど、何かと揉め事が多くなります。

泣く

安全にサービスを利用するには、契約する相手の中身(事業内容やサービス、プランの詳細等)を、きちんと知ることが重要です。会社の業歴、持っている技術や経験、顧客サービスの内容まで、徹底的にチェックしましょう。

事業者の安全性は、利用者の口コミやレビューを参考にすると良いでしょう。比較サイトや「電力自由化」の専門サイトにも、一部利用者のレビューや口コミが掲載されています。申し込む前に、必ず目を通すようにしましょう。

安全かどうかは、「事業者登録の有無」で決まる!

ビル

事業者が安全かどうかは「事業者登録の有無」で決まります。例えば、ローン会社の場合「貸金業者」として登録が無ければ、融資できないのと同じ仕組みです。

電力自由化でも「小売電力事業者」の登録が無ければ(経済産業省・資源エネルギー庁)、電力の小売は出来ません。

登録事業者以外の小売は、一切禁じられているので、必ず「登録業者」と契約する必要があります。

(本サイトの)他記事でも説明していますが、安全な業者かどうかは、資源エネルギー庁の公式サイトから「登録小売電気事業者一覧」を確認してみてください。

参考:資源エネルギー庁「登録小売電気事業者一覧」

もう一度、電力自由化の基礎知識をおさらいしておこう

電力事業者の中にも、間違った知識で顧客を勧誘し、プラン契約を急がせるケースが見られます。契約をした後、クーリングオフや契約解除をするのは、精神的にも大きな負担を伴います。

書類

面倒な「契約トラブル」を回避するには、私たち自身が(電力自由化に対して)正しい知識を身に付ける必要があるでしょう。

本サイトでは「電力自由化の基礎知識」を分かりやすく説明しています。また「誤解されやすいポイント」等もまとめているので、本記事と合わせて、契約前の参考にしてみてください。

《 参考にしたい記事 》

新しい名前の業者、実は「超大手メーカーだった」

有名な社名であれば、誰にでも「〇〇系の新会社か…」と分かるのですが、新しい社名で(大企業が)参入していると、どの系列の会社が分かりにくい場合があります。例えば…以下のような例があります。

《 問題 》以下の社名は「どの系列の企業なのか」当ててみてください。

会社

・ HTBエナジー
・ みんな電力
・ エネット

みなさんは、どの企業が「どの系列会社か」お分かりになられましたか? 早速、答え合わせをしてみましょう。

《 問題の答え 》

社名 系列名
HTBエナジー H.I.S(旅行会社)
みんな電力 SMBCベンチャーキャピタル株式会社(主要株主)
エネット 株式会社NTTファシリティーズ・東京ガス株式会社・大阪ガス株式会社(3社共同設立の会社)

このように「新しい社名」でも、大企業が設立したケースがあります。名前だけで判断せず、どのような会社が関わっているのか、各事業者の「会社概要」をチェックしてみてください。

例えば「株式会社エネット」のように(上の図を参照)、NTTや東京ガス、大阪ガスなどの大手が(新会社を)共同設立している可能性も充分あります。

※補足 「みんな電力」は、独立した企業ですが、主要株主にSMBCベンチャーキャピタル株式会社(三井住友銀行系)が関わっています。

新電気の契約で役に立つサイト、参考にしたいページ

新電力の契約をする前には、新電力の特集記事や口コミサイト、比較サイトなどを上手に活用しましょう。たくさんの情報を集めることは、新しいプランや事業者を探すのに最適な方法です。

契約を破棄したい、他の事業者に変えたいと思ったら…?

 書類

契約を破棄したい、契約を途中で解除したいと感じたら、できるだけ早めに(解除)手続きを始めましょう。

契約内容によって、それぞれ「解除できる期間」は異なります。中には、一定の期間契約解除できないケースもあるので、あらかじめ「契約約款」を良く読んでおかれるよう、おすすめします。

契約

大手との契約であれば、トラブルが起こることは考えられにくいですが、万が一、契約トラブルを抱えてしまった場合は、家族に相談するのはもちろん、最寄りの自治体(市役所や区役所)や国民生活センターに、相談してみてください。

間違って契約してしまった場合も、クーリングオフができるケースも多く、諦める必要はありません。冷静に手続をすれば、大抵のトラブルは解決できるので、安心して(解約)手続を進めてください。

まとめ:満足できる契約は、事業者を知ることから始まる!

いかがでしたか? トラブルなく、満足のできる契約をするには、取引をする相手のことを良く知ることです。名前だけで判断せずに、どのようなバックグラウンドを持った企業なのか、必ず確認してから、契約をスタートさせましょう。

同じカテゴリの関連記事

新着記事
pagetop