参入企業一覧

ライフスタイル合った電気料金を選ぶために様々な企業を比較しましょう

検索結果がありませんでした。

「兵庫県」の電力自由化はどうなっている?

兵庫県の電力事情

兵庫県の電力消費量は全国第6位です!

兵庫県の電気消費量は、平成20年の調査によると 12,891GW/h(100万kWh=1GWh)です。電力使用量の総量では全国第6位となっています。人口が全国で7番目に多く、国際都市 神戸を中心とする経済の発展によって電力の使用量が増えています。使用量の内訳をみると、産業用の使用量が家庭用の2倍以上の数値です。一方、人口1人あたりの使用量においては全国で第18位に位置しており、長野県と同等のレベルです。

産業用の電気使用量は全国第2位です!

電気事業連合会統計委員会によるデータをみると、平成17年に12,676GW/hだった兵庫県の電力消費量は、平成19年には13,107GW/hまで増しています。しかし、平成20年には12,891GW/hまで減らしており、全国的な傾向と同じように省エネ対策が効果を出しているようです。兵庫県の人口1人当たりの電力消費量は全国で第18位ですが、産業用に関しては全国第2位に位置しています。大規模工場や商業施設の多さがその要因と考えられますが、家庭用に比べて省エネ対策が進んでいないと判断できます。

兵庫県民1人当たりの電力消費量は2,309kW/hです

兵庫県の人口は平成22年10月時点で5,588,133人と全国で7番目の人口数でした。兵庫県の電力消費量は12,891GW/hであるため、1人当たり2,309kW/hとなります。この値は、総人口が全国第45位の高知県(2,321kW/h)を下回っています。工場や商業施設が多く、産業用の電力を全国で2番目に良く使う兵庫県ですが、家庭においては省エネ化が進んでいると考えられます。

近畿地方の中での兵庫県の電気事情

人口が全国第7位の兵庫県の電力消費量は?

兵庫県の人口は5,588,133人で全国第7位ですが、近畿地方の他県をみると、大阪府は8,865,245人(全国第3位)、京都府は2,636,092人(全国第13位)、奈良県は1,400,728人(全国第29位)となっており、兵庫県は大阪府に次ぐ人口数となります。しかし、大阪府の人口が平成17年から22年までの間で約5万人増進しているなか、兵庫県はこの5年間で2,468人とわずかに減少しています。

兵庫県の1人当たりの電気使用量は比較的少なめです

1人当たりの電力消費量に関しては、兵庫県は全国で第18位(2,309kW/h)と低い位置にありますが、同じ近畿地方でみると、大阪府は第15位(2,352kW/h)、和歌山県は第4位(総数2,550kW/h)、京都府は第5位(総数2,486kW/h)となっています。1人当たりの電気使用量をみると兵庫県は大阪府と近い値ですが、産業用の電力使用量においては50%程度上回っているため、兵庫県と大阪府では、電力の使い方に違いがあるようです。

兵庫県民の電気の使い方

兵庫県民は夏にエアコンをよく使うため電気代が高くなります

兵庫県は、夏には太平洋高気圧に覆われるため県の北部や内陸部を中心にフェーン現象による猛暑日がたびたび発生しています。また、都市部では熱帯夜になることが多く、暑さ対策としてエアコンを長時間使うことで電気の使用量が高くなるようです。

兵庫県の電力自由化の影響

兵庫県民は電力自由化によって電気代を節約できるでしょう!

県全体では全国で7番目に電気を使う兵庫県ですが、電気使用量は緩やかながらも徐々に削減されて来ています。エアコンの設定温度や省エネ家電に切り替えるなど節約できる余地はたくさんありますが、電力自由化を受けてさらに電気代を下げることができるでしょう。

電力自由化ってどういうこと?!

「電力自由化」って何だろう?話題になっていますが、実際のところ何が変わるのかあまり知られていないようです。これまでは地域ごとに特定の電力会社から電気を購入する契約をしていましたが、2016年4月より家庭向けの電力供給が自由化されることによって多くのPPS(特定規模電気事業者)から契約する事業者を選ぶことが出来るようになります。そのことによって事業者間の競争がはじまるため、電気料金が今までよりも割安となることが期待されます。

兵庫県民は多くのPPSからよりお得な事業者を選べます!

電力自由化によりこれまで独占状態にあった関西電力だけでなく、様々な業種の企業が電力事業に参入しています。すでに兵庫県には多くのPPS(特定規模電気事業者)があり、これから事業者間の競争が激しくなると予想されます。各家庭の電力の使い方に合わせて、もっとも適した料金体系をもつ事業者を選ぶなど、節電、節約につなげるための選択肢が大きくひろがっています。

兵庫県では企業が積極的にエネルギー事業に参加しています

兵庫県内に拠点を持つ企業のなかには早くから発電事業を推進しているところがあります。株式会社 神戸製鋼所では、平成14年4月には70万kW規模の神戸発電所(石炭火力発電)を稼働させています。2年後には2号機が稼働し、総出力140万kWとなっています。大都市におけるライフラインの確立、原子力発電所に頼らない最高水準の環境保全を目指しています。また、省エネルギー、地域との交流と共生などを推進していくため、地域に密着した様々な取り組みを行っています。

兵庫県は環境にやさしいエネルギーの普及をすすめています/h4>

兵庫県地球温暖化防止活動推進センター(財団法人ひょうご環境創造協会)は、環境にやさしいエネルギー(グリーンエネルギー)を県民によって普及させるべく、「ひょうごグリーンエネルギー基金」を運営しています。県民や事業者からの寄付などによって県内各地に県民発電所(太陽光・風力)の設置を行い、再生可能エネルギーを普及させるため住民協働による小水力発電復活プロジェクト推進事業を立ち上げるなど、住民とともに多くの取組みをすすめています。

大きなビジョンを持って各家庭にとって最適な電力が選ばれています!

電力自由化により、多くのPPS(特定規模電気事業者)からよりお得な事業者及びプランを選ぶことが可能となりました。一方で、各家庭が幅広い選択肢の中から最も趣旨が合う電気事業所を選ぶことも可能となっています。電気代を節約することだけが目的ではなく、より環境に配慮した電気事業所、地産地消型の電気事業所など、それぞれの事業スタイルやプランを見比べながら自分好みの事業所を選ぶことも「電力自由化」の面白さではないでしょうか。

新着記事
pagetop