電力自由化を知る

電力利用が夜間に集中していたら「夜お得な電力プラン」を契約しましょう。例えば、深夜から朝にかけての電気代がお得になるサービスや、早朝の電気代が割り引きになるプランなど、各社「深夜型・料金プラン」を設けています。

オール電化ならば絶対おすすめ。夜間に集中して電力を消費する「深夜型・電気プラン」

夜景

電力利用が夜間に集中していたら「夜お得な電力プラン」を契約しましょう。例えば、深夜から朝にかけての電気代がお得になるサービスや、早朝の電気代が割り引きになるプランなど、各社「深夜型・料金プラン」<を設けています。 ここでは、夜自宅にいる時間が多い方におすすめしたい「深夜型・電気プラン」について説明をします。

深夜型は、もともと電気代が安かった!

星空

実は、深夜型の電気プランは「従来の電気事業者」でも、価格設定が低く抑えられていました。通常、一般家庭や日中営業しているオフィス、商店、工場は「朝〜夕方」までに、電力(使用)のピークが訪れます。

しかし、夜間は「全体の電力使用量」がぐっと少なくなります。このため、夜間の電力使用に関しては、早い段階から「料金値引き」が実施されていました。

電力自由化がはじまると、新しい深夜割が登場…!?

電力自由化が始まると、深夜の電気料金も見直しが行われます。価格競争も激しさを増し、各社(他社に負けないよう)夜間や深夜向け「新料金プラン」を打ち出す様です。

実際に、大手電気事業者では、新しい「深夜料金」を発表しています。例えば、深夜から早朝までの値引きプランや「半日に限定して値引するプラン」など、深夜型の方に、おすすめのプランがたくさんあります。

削減幅は少ないが、新たなプランで「更なるコストダウン」を目指そう!

夜コーヒー

もともと、深夜型の電気代は安くおさまっていました。このため、月額使用料の高い1DAY型や朝昼型に比べると(深夜型)の値引き率は、少なく感じるかもしれません…。

しかし、電力自由化が始まると、新たなプランが導入されます。例えば、マイルが貯まるサービス、電子マネーポイントが付与されるプランなど、利用者向けのサービスが「より充実した内容」へと変化します。

また「月額使用量」が多ければ、その分、キャッシュバックやポイントが貯められるのでお得です。電気を使い、還元率の高いサービスを活用してみましょう。

メモ:電子マネーは、家計の節約に繋がる!

電子マネーは、普段の買い物に利用できます。使える場所は、ネットに限定されません。コンビニエンスストアやスーパー、ショッピングモールでも使えます。

また、主婦の方には、WAONやPonta、nanacoのほか、楽天スーパーポイントやTポイントも頻繁に利用されています。

電気温水器を使うなら「深夜電力プラン」がお得!

「深夜型」と間違えすいのですが、夜間向けに「深夜電力プラン」と呼ばれる契約があります。これは、特定の時間に限って「電気料金が安くなる」プランです。

蓄熱式機器

例えば、電気温水器や蓄熱式機器を使用している家庭は「深夜電力プラン」を契約し、省エネを行っています。

日中、どの家庭も「従量制プラン」で契約するケースが多いのですが、夜間にお湯を貯めたり、電力を蓄えておけば「昼間の電気代が節約できる」というメリットがあります。

どの地域でも、深夜から早朝に掛けては「安い電気代」が適用されます。このため、日中使用する分のお湯や電力を「夜間に確保しておく」のは、家計にとって最も賢い方法です。

深夜電力プランは、エコと節約を両方兼ね備えた新しい契約の形です。電気代を抑えたい方、エコキュートや電気温水器の導入をお考えの方は、ぜひ(同プランを)活用してください。

エコキュートや蓄熱設備を利用する場合は、別の「お得なプラン」がある!

お風呂

最近では「エコな暮らし」を実現するため、太陽光発電を設置した住まいや、オール電化対応住宅が普及しています。実際(みなさんの中にも)エコキュートや蓄熱式機器の導入をお考えの方が、多いはずです。

蓄熱式機器は、夜間に電力を使い「日中の電気代を節約する」目的があります。エコキュートも同様に、昼間のお湯を「電気代の安い」夜間に作っています。ただし、本体価格については(従来の)電気温水器の方が、より安く設置できるので注意が必要です。

エコキュートや蓄熱式機器を設置する場合「どのくらいで元が取れるのか」シミュレーションしてから、購入(工事の依頼を)してください。

特にオール電化を導入する場合は、電気を多く使用します。この場合は必ず「オール電化対応プラン」に申込み、電気代が安くなるようにしてください。各社、オール電化やエコキュート、蓄熱式機器に対応した電気プランが用意されています。

複数の業者で見積もりを取り、少しでも安く、節約できるプランを見つけてみてください。

まとめ:深夜型の場合は、新たな「付加価値」を見いだすことが重要!

深夜型の電気料金は、もともと高くありません。このため、電気代をカットするより「どのようなサービス」が付くのか、各プランを比較することが重要です。

そろばん

電子マネーなど「ポイントが貯まるプラン」はあるか、他のサービスと「セット割」が適用されるかどうか等、必ずチェックしておいてください。

また、オール電化やエコキュート、蓄熱式機器を利用される方は、個別の「オール電化プラン」に申込をしてください。通常の電気代よりも安く、お得に「必要なエネルギーが」確保できます。

同じカテゴリの関連記事

新着記事
pagetop