電力会社は自分で決める。

いよいよ始まった電力自由化。環境問題、省エネ、節約。未来のためにできること。

電力業者人気ランキング

ここが知りたい!電力自由化

電力自由化|2016年から始まる新しい電気料金!「電力供給の仕組み」を知ろう

電気代がお得に

いよいよ、2016年4月から「電力自由化」がスタートします。電力自由化では、従来の電力業者にとらわれることなく「自由に電力業者を選択できる」のが、最大の魅力です。

電力自由化で、電気代を安くしよう!

電力自由化がはじまると、携帯電話やスマホとのセット割引、マイルが貯まるサービスなど「お得なプラン」に加入することができます。

電気代以外にも通信費の割引、マイル付与など、サービスが拡大中!

電力自由化が関わるのは、電力業者だけではありません。

いくら?水光熱費

私たちが毎日使っている、携帯やスマホ、インターネットを扱う通信会社、ガソリンスタンド、旅行業界、コンビニなど、あらゆる業者が参加します。このため、電力自由化によって「電気代とのセット割」が適用されるなど、これまで以上に受けられるメリットは大きくなります。

これまで「ただ支払うだけの」電気代でしたが、電気業者やプランの組み合わせ次第で年間、数千円〜最大数万円の節約が可能です。

そこで、本サイトでは「かしこい電力会社の選び方」や「プランの組み方」のほか、電力自由化の基本知識について詳しく説明します。自分に合ったプランを選び、電子マネーポイントやマイルを貯め、お得な特典をドンドン活用してみましょう!

メモ:電力自由化がはじまった理由は?

電力自由化が始まったのは、2000年3月のことでした。その後、自由化領域は果樹代され、大規模工場から中小ビルまで、電力の自由化が実施されました。個人商店のほか、私たちが暮らす家庭に電力自由化がやって来たのは、2016年4月以降のことです。

(個人向けの)電力自由化が、より強く求められるようになったのは、2011年「関東大震災」以降のことです。原子力発電所のあり方が考えられるようになった今、私たちが「納得して契約」できるよう、電力会社や利用できる電力を自由に選べるようになったのです。

契約は簡単! 電力自由化で「電気代を安く」しよう

電力自由化の契約方法は非常に簡単です。契約先を変えても、これまでと同じように電力は安定して供給されます。

電気代は、年間「約5%~6%」以上安くなる!

まずは、電力自由化で「どのくらい電気代が安くなるのか」計算してみましょう。

電気代の割引率は「平均5%〜6%」安くなることが予測されています。電力会社によって価格は異なりますが(例えば)年間の電気代が100,000円なら、節約できる電気代は「約5,000円〜6,000円」です。

また割引されるのは、電気代だけではありません。例えば、携帯電話会社で契約を結べば、伝代と家族の携帯電話代、ネット通信費(パソコン等)がセットで安くなるなど、割引率はより大きくなります。

このほかにも、電気を使えば使うほど「電子マネーが貯まる」サービスや、マイルと交換できるポイント制度など、各社特色のあるサービスを次々と発表しています。

新規参入の数は100社以上! 価格競争で、電気代はますます安くなる

電力自由化が始まると、100を超える業者が「電力業界」に新規参入します。これまで、電気を買うのは「電気会社」だけに限定されていました。

しかし、2016年の4月をからは、コンビニエンスストアや旅行会社、ガソリンスタンド、携帯電話会社など、契約できる場所(企業)の幅が広がり、選択肢が自由になるのです。

「電気」は、毎日使うものだからこそ、私たちが選ぶ必要がある

電球

電気は、私たちの生活に欠かせない「エネルギー資源」です。このため、どこで契約を結ぶのかで、毎日の生活は大きく変わってきます。

例えば、旅行が好きな方は「旅行代理店で契約」をしたり、スマホやネットの利用料が多い方は「通信会社で契約」するなど、ライフスタイルに合わせた使い方(契約の選択)ができます。

一例ですが、旅行会社で契約をすれば、旅行プランが安くなるなど、ユニークな特典が受けられます。また、スマートフォン通信料でお悩みの方は、電気とスマホのセット割りを利用してみてください。年間にして数千円〜数万円以上、大きな節約ができます。

電力自由化「最適なプランを選ぶ」には、専門サイトの利用が便利!

電力自由化で、唯一ネックになるのは「選択肢が多すぎる」ことです。数百もの企業が参入し、それぞれのが独自の契約プランを持っています。このため、自分にピッタリのプランを(自力で)探すのは大変です…。

もしも、ふさわしい電力会社を探すのが難しいのなら、電力自由化の専門サイトを参考にしたり「電力業者比較サイト」を活用してみてください。専門のサイトでは、各業者のおすすめポイントやメリット、デメリットを詳しく説明してくれます。

住んでいる地域は、どのプランが利用できるのか「検索する」

実は「契約できる企業」は、各地域によって異なります。例えば、北海道の方と都内在住の方、鹿児島にお住まいの方では利用できる電気会社、料金プランが異なるのです。

まずは「自分の地域で、どの電気会社が使えるのか」検索してみましょう。専門のサイトでは、郵便番号や県名・町名を入力して、利用できる業者が簡単に検索できます。

料金プランは一社だけでなく、数社で「比較すること」が重要!

料金プランをチェックする場合は、一社だけでなく複数の企業でプランを比較してみましょう。同一の企業でも、さまざまな契約プランを打ち出しています。電気代だけでなく、通信費、ガス代など「総合的に割引率が高い」プランを探しましょう。

また、金額的な部分以外にも、キャンペーンを実施したり、電子マネーポイントと交換できるサービスなど、付加価値の高いプランも多く存在します。

クリーン電力

夜間と日中では、電気の割引率が異なるので「プランの見直し」を!

各家庭によって、電気の使用量には差があります。例えば、夫婦共働きの家庭なら日中の電力使用量は(平均よりも)少なくなります。

一方、自宅で仕事をしている方や専業主婦の方は、自宅での電力使用量が多く、年間の使用量もより多くなるでしょう。

日中よりも「夜の電力使用量」が多いという方は、料金プランの見直しをしてみましょう。電力会社によっては「半日プラン」など、時間帯を絞った料金プランを設けています。

時間帯別に異なる電気代|今後は夜間の電気料金が下がる可能性も…!

まずは「日中どのくらい電気を使うのか」チェックしてみましょう。場合によっては、夜間の方が(電気代が)安くなる可能性があります。同じく、日中電気使用量が多い方も「最も電気を使う時間帯」を確認してみてください。

それぞれ「電力のピーク時」を知れば、簡単にプランの見直しが行えます。特に、電気を多く使用する、電気自動車や電気給湯器、電気ヒーター等を使われる方は、時間帯を絞って安く使えるよう工夫しましょう。

電力比較サイトなどを利用すれば、プランがふさわしいのか、簡単に調べられます。

オール電化の場合、プランの見直しで電気代が大きく変わる!

オール電化住宅

オール電化を導入された方は、早めにプランの見直しを考えましょう。電気料金の安い夜間に蓄熱を行えば、電気代を抑えて必要な電力が確保できます。

安いプランへの乗り換えを検討し、これまで以上に「電気代を安くお得に」使えるよう工夫してみてください。

新規事業者と契約しても「これまで通り」電力は安定供給される!

電力会社を変えると「停電が増えたり、供給が不安定になるのでは…?」と考える方は多いです。しかし、心配は無用です。契約する会社を変えても、これまでと同じ電線を使い、これまで通り「安定した電力供給」が行われます。

安定供給が確保される理由

電気工事

まず、電力の供給は「消費者保護」の仕組みが法律で確立されており、契約先によって接続状態が変わることはありません。また、各電線は川のようなもので、電流の流れが絶えることはなく、送電会社が「安定して電気が流れるよう」厳しく管理が行われます。

「一社の電流量が不足した」場合は、電力会社全体が肩代わりをして安定供給を行います。このため、停電が起こったり電力不足に悩まされる心配はありません。

また、万が一(契約先の)電力会社が倒産したとしても、消費者保護の観点から、電力は継続して提供が行われます。

このように、電力自由化で電流の流れが変わることは無いので安心しましょう。あとは、自分のライフスタイルにあった、電気会社や契約プランを選択してください。

電力自由化は、エコだけでなく「家計にやさしい」仕組みを形成する!

スマートメーター

電力自由化は、お金の問題だけでなく「環境」にも目を向ける、大きなチャンスと言えます。震災以降、各企業はそれぞれ「省エネや環境にやさしい」次世代エネルギーの開発や供給に力を注いでいます。

今後「契約先を選ぶ」ということは、利用するエネルギーにも、自然と意識を向けることになります。みなさんが「今後、電力として使いたい」と思えるエネルギーを選択し、それぞれが「ふさわしいと思えるプラン」で、契約を行ってください。

まとめ|電力自由化をキッカケに、生活は「良い方向へ」変わっていく!

こまめに節約

今回は「電力自由化」の意味や役割について、簡単に説明しました。最後に「電力自由化のポイント」について、簡単にまとめておきましょう。

電力自由化のポイントは5つ!

  1. 複数の電力会社から、好きな会社を選んで契約できる!
  2. 新規参入の企業は100社を越え、電気代がより安くお得になる!
  3. 携帯やスマホ通信費の割引、電子マネーやマイルが貯まる「お得なプラン」が多い
  4. プランの見直しで、年数千円〜数万円電気代が節約できる
  5. 電気供給を見直すことで、エコや環境保全に意識が集まる(クリーンエネルギーの発展)

「電力自由化」のメリットは価格だけではありません。この機会をきっかけに、電気代の節約はもちろん、省エネへの意識を高めていきましょう。

新着記事
pagetop